トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

Q. スポンサーからの出資に伴い、既存株主の株式はどのようになるのか。

2021年9月に認可された更生計画変更計画(以下、「変更更生計画」といいます。)に基づいて、当社は、既存の全株式を無償で取得し、消却いたします(大変恐縮ながら、更生会社が債務超過である場合においては、左記のとおりの措置とさせていただくことが一般的です。)。(2022年2月15日更新)

Q. 発行済株式が無償取得された場合、株主としての権利はどうなるのか。

株主としての権利は全て失われることになります。(2022年2月15日更新)

Q. 株主に対して弁済や補償等は行うのか。

誠に申し訳ございませんが、株主の皆様に対する弁済や補償等は予定されておりません。(2022年2月15日更新)

Q. 無価値化により損した分は確定申告により損益通算できるのか。

上場廃止前に株式を売却した際の損失は損益通算できますが、その後無価値になった場合は原則として税法上は譲渡損失とみなされないと言われています。詳しくは税務署へご確認いただきたく存じます。(2022年2月15日更新)

Q. 確定申告用の証明書を送ってほしい。

確定申告に必要な「価値喪失株式に係る証明書」は、特定管理口座でお預かりしている株式が無価値化とみなされた場合に証券会社から送付されるものですが、上場廃止時に当社株式の証券保管振替機構および各証券会社での取扱いは終了しているため、今回、適用を受けることはできません。詳しくは税務署へご確認いただきたく存じます。(2022年2月15日更新)

Q. 確定申告用の証明書を証券会社に代わって会社から送ってほしい。

確定申告書の証明書は証券会社が発行するもので、会社から発行した証明書では確定申告はできません。詳しくは税務署へご確認いただきたく存じます。(2022年2月15日更新)

Q. 今後株主が手続きすることはあるのか。

手続きしていただくことはありません。(2022年2月15日更新)

Q. 現在、証券保管振替機構(ほふり)の取り扱いがされているのか?

株式が上場廃止となった場合には、株式等振替制度における株式の取扱いも基本的に廃止されるところ、当社株式の証券保管振替機構(ほふり)での取り扱いも上場廃止後の2018年7月26日に終了しております。

(2019年12月06日更新)

その他ご不明な点等については以下までお問合せください。


株式事務・個人株主様のお問い合わせ窓口

TEL:03-6858-0930

債権者様・報道関係者様 お問い合わせ窓口

TEL:03-6858-0940