トップページ > ニュース > 2015-01-26 新海洋掘削リグの命名について

ニュース

NEWS

新海洋掘削リグの命名について

2015-01-26

当社ならびに東銀リース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤潤)は、1月23日、シンガポールPPL造船所にて、東銀リース株式会社が発注した新海洋掘削リグ(プレミアムクラス・ジャッキアップ型)の命名式を執り行い、本リグを「HAKURYU-12」("Hakuryu-Twelve")と命名いたしました。

本リグ最初の掘削契約先となる Teikoku Oil (Suriname) Co., Ltd. からProject Manager根本哲也氏をメインゲストとして迎え、当社市川祐一郎代表取締役社長 夫妻や東銀リース株式会社佐藤潤代表取締役社長をはじめとする総勢150名を超える関係者が出席して式典が執り行われました。

h12Ceremony_01 h12Ceremony_02

本リグは、完成引渡しおよび操業に向けた準備を完了次第、本年3月より南米に向けて曳航を開始し、5月からスリナム沖およびガイアナ沖における掘削工事に従事する予定です。

当社グループでは、将来の業績の安定と成長を実現するために、リグフリート増強を図ることを最重要経営課題の一つと位置付けております。本ジャッキアップ型リグ「HAKURYU-12」を東銀リース株式会社からリースして当社グループ運用リグフリートに加え、内外の石油開発会社の幅広い需要に応えることにより、更なる成長を目指してまいります。


h12ceremony_03


<HAKURYU-12概要>

 デザイン

 PPL Pacific Class 400

 全長

 236.5フィート(72.1メートル)

 全幅

 224.4フィート(68.4メートル)

 最大稼働水深

 400フィート(121.9メートル)

 最大掘削深度

 30,000フィート(9,144メートル)

 居住区

 150ベッド



本件に関するお問い合わせ先

日本海洋掘削株式会社 広報・IR室 電話:03-5847-5862