トップページ > IR情報 > よくあるご質問

よくあるご質問

IR情報
証券コード:1606

会社について

会社が設立されたのはいつですか?
1968 年( 昭和43 年)4 月に石油開発公団事業本部(現石油資源開発(株))、三菱鉱業(株)(現三菱マテリアル(株))、その他各社の出資により、我が国唯一の海洋石油・天然ガスの探鉱、開発のための海洋掘削工事専門会社として設立されました。沿革については[企業情報>沿革]をご覧ください。
何をやっている会社ですか?
当社は、リグと呼ばれる海洋掘削装置を保有・運用し、石油開発会社等を顧客として、国内外において石油および天然ガスの掘削サービスを提供する海洋掘削事業を主力事業としております。海洋掘削業界の詳細につきましては、[事業内容>海洋掘削事業>海洋掘削業界の概要]をご覧ください。
代表的な関係会社を教えてください。
関係会社については[企業情報>グループ会社一覧]をご覧ください。
コーポレートガバナンス体制はどうなっていますか。
コーポレートガバナンスの体制については[IR情報>経営方針>コーポレートガバナンス]をご覧ください。

事業について

原油価格の変動は、当社の業績にどのように影響しますか?
基本的には、工事を受注する時点でのリグ需給の先行きの見通しによって決まりますが、デイレートの相場は、操業海域やリグのタイプによって異なるのが通常です。リグの需給トレンドに大きく影響を与えるのは原油・天然ガス価格の変動であり、一定のタイムラグを伴ってデイレートに影響が出ることになります。
リグのデイレートの高低は、何で決まるのか?
原油・天然ガス価格が変動すれば、石油開発会社の探鉱開発活動に対する投資意欲に影響が及び、その結果、試掘井、評価井および生産井の掘削に必要となるリグの需要にも影響が出ることになります。これまでのデータによると、原油・天然ガス価格が大きく変動すると、数ヶ月から1年程度のタイムラグを伴ってリグの稼働率が変動し、これにデイレートが追従する傾向が見られます。
世界中に同業者がたくさんいると思いますが、当社グループの強みは何ですか?
同業他社は、リグ要員を契約ベースで期間雇用し、レイオフすることもあるのに対し、当社では、一般の日本企業と同様に、日本人従業員を定年まで長期雇用し、グループの各リグに基幹要員として配置しております。また、外国人リグ要員の定着率も高いため、これらの熟練した要員が一体となって作業を進めることで、安全できめ細かいサービスを提供することが可能となり、顧客から高い評価を得ております。 また、マレーシアでは現地有力企業との本格的な合弁により事業を展開しておりますが、海洋掘削業界ではこのような例はあまり見られません。現地合弁会社が、工事受注面で優遇されることから、当社グループとしては、産油・ガス国に安定した操業拠点を確保していることになります。
リグの寿命はどの程度なのでしょうか?
掘削リグの建造時における設計寿命は、一般的に20~30年と言われています。しかしながら、ドリリングコントラクター業界では、延命対策工事や性能面でのアップグレード工事が広く行われており、実際には40年以上の操業を続けているリグも存在しています。
弊社のセミサブ型リグ2基も、これまで効果的に整備・改修を実施することにより、 30年以上の稼動を継続しております。 そのうちの1基「HAKURYU-5」については、建造後31年を経過した2008年度に、大規模延命対策工事を実施した結果、リグの寿命を15~20年程度延ばすことができました。
最新型の大水深リグは、旧型のリグに比べて技術的にどこが優れているのですか?
近年の原油高とエネルギー需要の拡大に伴い、石油・天然ガス開発各社では、これまで開発コストの高さを理由に見送っていた大水深海域における開発の意欲が高まっており、このため、新規建造されるリグは全般的に大水深での稼働が可能で、大深度での高圧力・高温度の地層掘削に対応できる仕様となっています。
具体的には、船体の大型化による積載能力の増大、吊上能力の増大のほか、大型マッドポンプの追加搭載などが例として挙げられます。
また、大水深海域における掘削では、従来のアンカーによる係留が技術的に困難であることから、スラスターを用いたDPS(下記注)の採用が進んでいます。
その一方で、人身災害を防ぐための改良も進められており、機械による遠隔操作や自動化などを導入しているリグも増えてきております。

業績について

決算日と株主総会はいつですか?
決算日は3月31日です。定時株主総会は毎年6月に開催しております。
最近の決算情報はどうすれば入手できますか?
最近の決算情報は[IRライブラリー>決算短信]をご覧ください。
決算発表はいつですか。
決算発表の予定につきましては[IRライブラリー>IRカレンダー]をご覧ください。
自己資本当期純利益率、総資産経常利益、売上高営業利益率、1株当り純利益などの財務指標を教えてください。
各指標をグラフ形式で[財務ハイライト>業績ハイライト(連結)]に掲載しておりますので、ご利用ください。

株式について

株式を上場したのはいつですか?
平成21年12月17日に東京証券取引所に上場いたしました。
証券コードはなんですか?
1606です。なお、[株価情報]では当社の最新の株価情報をご覧いただくことができます。
売買単位株式数は何株ですか?
100株です。
配当金支払の株主確定日はいつですか。
3月31日です。
株主名簿管理人はどこの金融機関ですか?
三菱UFJ信託銀行株式会社です。
名義書換、住所変更、配当金の銀行振込についてなどの株式事務についてはどこに連絡をすればよいですか?
株主名簿管理人の三菱UFJ信託銀行株式会社にご連絡ください。連絡先電話番号等詳細についてはこちらをご覧ください。
株主優待制度はありますか。
誠に申し訳ございませんが、当社には株主優待制度はありません。
中間配当はありますか。
当社には中間配当制度はありますが、今のところ中間配当は実施しておりません。