トップページ > 環境安全活動 > 環境安全ポリシー

環境安全ポリシー

HSQE

Health, Safety, Quality and Environment ポリシー本文

日本海洋掘削株式会社(JDC)は、石油・ガス開発業界において、高い評価と信頼を得ている国際的な海洋掘削会社です。当社は、顧客に対して、正確で、事故の無い、良質なサービスを提供すること、さらに、環境保全、並びに従業員やその他全てのステークホルダーの健康、安全を確保することを最重要と考えます。

HSQE基本方針

当社は企業活動に当たり、以下の原則を守ります。

  • 健康、安全、品質、環境(HSQE)を組織的・体系的に管理するHSQEマネージメントシステムを採用し、関係諸法・規則を遵守し、石油・ガス開発業界の"ベストプラクティス"の実現に努めます。
  • 従業員とステークホルダーの安全、セキュリティ、および健康を最優先します。
  • 操業による環境への影響を最小限とするよう努めます。
  • 経済的理由や短期的な利益追求のために、HSQEを軽視することはしません。
  • 常にHSQE活動実績を分析して、HSQE活動の改善に努めます。
  • 予測される全てのリスクに対して予防措置を確立します。
  • HSQEに関する改善目標を定めて、業務実績を評価、監視し、記録します。
  • 常に従業員の技能向上や、予測される緊急事態への対応能力の改善に努めます。
  • 全ての当社従業員、およびサブコントラクターの従業員にHSQE マネージメントシステムを適用します。
  • あらゆる場合において、予防措置を取ることが事後対応よりも優先されると考えます。

HSQEへのコミットメント

JDC役員一同は、HSQEマネージメントシステムの導入とその継続的改善を最優先し、従業員およびステークホルダーに対し、以下各項に積極的に取り組むことを確約します。

Health

  • 従業員の健康が維持されるような方法で企業活動を行うこと。
  • 健康を維持するための予防策を作り、実施し、改善していくこと。

Safety

  • 全ての従業員に、危険であれば、仕事を中断し、安全性を再検討する権限を与えること。
  • 安全性を軽視し、短絡的に、かつ安易な方法で仕事をしないこと。
  • また、必要なリスク評価を必ず実施すること。

Quality

  • 業務の目的に応じた品質目標を設定し、「顧客満足」度をさらに高めること。
  • 効率的で信頼のおける、より質の高いサービスを持続可能な方法で提供すること。

Environment

  • 適切な在庫量を維持し、無駄な消費を無くし、廃棄物を最小化すること。
  • 可能な範囲で、環境への影響が最も小さい製品を使用すること。

JDCは、OHSAS18001、ISM Code、ISO9001、ISO14001の現行の要求を満たす規格としてABS HSQEガイドによる認証を維持します。

平成25年6月20日
日本海洋掘削株式会社
代表取締役社長
市川 祐一郎